カテゴリー:高血圧症 自分でできる治療法の記事一覧

高血圧症治療

高血圧治療と【荒木式】高血圧克服プログラム

  • 高血圧症 自分でできる治療法

カテゴリー:高血圧症 自分でできる治療法

高血圧症と塩分

体の中に一定量の塩分が必要であることがわかっていますが、その一定量を越えてしまうと逆に悪影響を与えることもわかっています。
それが塩分過多と呼ばれる状態です。
血液中の塩分が血液の流れを阻害して、高血圧症を引き起こします。
体内に塩分を取り込む機能は個人差があり、同じ塩分量を摂取しても影響の度合いが異なります。
そのため、単純に摂取する塩分量を計算して、上限を設定することは厳密に言えば正しくありません。
しかし、塩分量を抑えることが重要であることは明らかですから、すべての人に対して一日の塩分摂取量を規定しているのです。
健康な成人男性で8g未満、女性で7g未満と規定されています。
体重によって必要量は異なりますが、上限を規定しておけばそれで十分なのです。
また、すでに高血圧症の治療を始めている人の場合は6g未満に制限されています。
食事のメニューで塩分量が減少しても味にあまり影響しないような工夫をしなければなりません。
それが高血圧症の食事メニューです。
これまで塩分の多い食事を好んできた人は簡単に好みを変えることができません。
子どもの時から薄味に慣れておくべきなのかもしれません。
高血圧症は遺伝が関係していることがわかっていますが、子どもの時からの生活習慣も大きく関係しています。
親が塩分をたくさん摂っている場合、子どもも同じように塩分過多になる傾向が強いからです。
高血圧症に対する自分でできる治療の一つは塩分を控えることです。
自分でできる治療から取り組みましょう。

高血圧症と運動

適度な運動をすることによって健康を維持できることは、常識と考えていいのではないでしょうか。
特に高血圧症のような生活習慣病では運動を続けることによって、状況が改善することは医学的にも証明されています。
自分でできる治療の一つなのです。
もちろん、運動だけをやっていればいいという単純なことではありませんが、少なくとも運動をして状況が悪くなることはありません。
高血圧症の初期の頃であれば、運動と食生活の改善でほとんど症状がなくなると言われています。
もちろん、自覚症状はありませんから、健康診断の結果だけで判断しなければなりません。
高血圧症と指摘されても自分でできる治療を行うだけで状況はよくなるのです。
逆を言えば、何もしなければ確実に悪くなっていくと言うことです。
このことを真剣に考えている人はどれくらいいるのでしょうか。
健康診断で毎年指摘されても何の対策も講じない人の方が多いのです。
運動が嫌いな人が多いことも事実です。
ただ、どのような運動をするかを考えてください。
自分が好きなことをすればいいのです。
ゴルフでもジョギングでも、犬の散歩でもいいでしょう。
体を動かすことによって血液の流れが促進されます。
高血圧症を改善するきっかけになるのです。
若い時から運動をしてこなかった人は中高年になってから運動を始めたいとは思いません。
そのため現状維持の状態となってしまうのです。
病院では高血圧症の改善の一つとして運動を積極的にすすめています。

高血圧症の種類

高血圧症によって動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高まることはよく知られています。
ただ、この高血圧症には2種類あることをご存知でしょうか。
二次性高血圧と本態性高血圧です。
二次性高血圧は別の病気が原因で高血圧になるケースです。
原因となっている病気を治療することで高血圧の症状もなくなります。
一般的に高血圧症と呼ばれているのはもう一つの本態性高血圧のことです。
これは病気が原因ではなく、生活習慣など複数の要因によって引き起こされる症状です。
自分でできる治療として運動や食事改善を指導されることが多いのですが、直接の原因がわかっているわけではなく、疑わしい要因をすべて取り除くことが求められるのです。
つまり、運動だけをすればいいわけではなく、同時に食事改善も行わなければなりません。
ただ、その内容は自分でできる治療と言われるレベルですから、決して難しいことではありません。
長続きしないことが問題となっているのです。
高血圧症を放置しておけばいずれ大きな病気になることがわかっています。
それでも多くの人が放置しているのです。
この現状を何とかするために、たくさんの情報が提供されています。
高血圧症がどれだけ恐ろしい結果を招くことになるのかを説明しているパンフレットを読んだことがあるでしょう。
ただ、それを読んでもなんとも感じない人が少なくありません。
他人事と思ってしまうのです。
自分がそのような病気になるはずがないという根拠のない意識が働くのでしょう。

新しい高血圧症の治療

医学の研究が進むことによって、病気の治療法が改善されます。
高血圧症もそうです。
これまでは食事や運動など基本的なことを継続するだけで高血圧症は改善できると言われてきました。
それは間違っていないのですが、多くの人が自分でできる治療の限界を感じています。
自分でできる治療なのですが、長続きしないのです。
結果として、高血圧症になってしまうのです。
どれだけ医師や保健師が高血圧症のことを説明しても限界があるのでしょう。
そこで別のアプローチが研究されています。
塩分の摂り過ぎが高血圧症の原因の一つであることはわかっています。
ただ、同じ塩分量でも病気になる人とならない人がいます。
体内に塩分を溜め込む量が異なるからです。
つまり、塩分を摂り過ぎても、それを排出することができれば、問題になりません。
そのための体質改善が研究されています。
薬を使うケースもあります。
食生活を改善することができない人にとっては大きな朗報と言えるでしょう。
国を挙げて高血圧症の改善に取り組んでいますが、それがしっかりと実を結ばないため別の取り組みとして行われているのです。
これまでの研究でも明らかになっていますが、日本人は欧米人に比べると塩分を体内に蓄える因子が多いことがわかっています。
つまり、高血圧症になりやすいのです。
この因子の働きを抑制することができれば、塩分を制限する必要もなくなります。
医学的に解明されているわけではありませんが、自分でできる治療だけに頼らない治療が始まろうとしています。

高血圧症と生活習慣

健康に悪い生活習慣を続けていれば、いずれは病気になってしまうことは当然です。
高血圧症もその生活習慣が影響する病気です。
ただ、高血圧症自体よりも血圧が高くなることによる合併症の方が病気としては重大な結果を引き起こしてしまいます。
そのため、高血圧症を改善すると言う意識が高まらない人が少なくありません。
日頃から健康に留意しておけば、何の問題もないのですが、問題が起きるまでずっと放置してしまうのです。
もちろん、健康診断などで医師から指摘を受けているはずです。
自分でできる治療を始めるように言われているのです。
食生活の改善や適度な運動をすることによって、高血圧症は改善します。
文字通り自分でできる治療なのです。
高血圧症と生活習慣の関係は密接であることは、いろいろなところで話題となっています。
一度も聞いたことがない人はいないはずです。
それでも自分のこととして認識できない人が高血圧症になってしまうのです。
病気の原因がわかっていて、その対策もわかっているのに病気になってしまうのです。
世の中には誘惑が多すぎるのでしょうか。
高血圧症を避けるためにタバコを止める人もたくさんいますが、若い人でタバコを始める人もいます。
それぞれの考え方の違いです。
健康になるためには何をすればいいのかを自分のこととして考えることができないのでしょう。
自分でできる治療は内容としては簡単ですが、それを続けるためには誰かのサポートが必要なのかもしれません。

高血圧症の口コミ

口コミサイトで高血圧症を検索してみましょう。
多くの高血圧症経験者の投稿が書かれています。
自分でできる治療の具体的な方法も書かれていますし、効果的な方法もわかります。
注意しなければならないのはすべての口コミが正しいとは限らないことです。
中には逆の内容もあります。
正しい情報を調べたいなら、病院などの医療機関のサイトを読むべきです。
高血圧症の治療は自分でできる治療がほとんどですから、難しい対応ではありません。
治療の内容は薬を使うのではなく毎日の食事や習慣を変えることです。
つまり、薬で高血圧症の治療はできないと言うことを意味しています。
もちろん、高血圧症が進行していくと、自分でできる治療の範囲を超えてしまっています。
病院で点滴などの治療を受けることになるかもしれません。
健康な生活を送りたいと考えているなら、早めの対応をすべきです。
それができないなら不健康な生活に甘んじなければなりません。
自分の都合のいいことばかりを考えてはいけないのです。
口コミサイトを読むと、病院での治療のつらさや塩分を減らした食事のまずさなどが書かれています。
自分はそのような状況になりたくないと思うなら、やるべきことは一つです。
食生活を変えること、適度な運動をすること、食事を腹八分目にすることです。
難しくはないはずです。
自分でできないのであれば家族の協力を仰ぎましょう。
ただ、決して家族に文句を言ってはいけません。
自分が悪いのだということを自覚することが重要です。