カテゴリー:高血圧 予防の記事一覧

高血圧症治療

高血圧治療と【荒木式】高血圧克服プログラム

カテゴリー:高血圧 予防

  • 2017/05/24

    高血圧 予防

    高血圧の傾向があると健康診断で指摘されても、何の予防策も取らない人が少なくありません。それは自覚症状がないからです。ただ、早期に予防を始めることで将来の健康を手 ...

  • 2017/05/23

    高血圧 予防

    生活習慣によって病気になりやすいかどうかがわかります。特に高血圧を始めとする生活習慣病はその名の通りなのです。高血圧の予防策は悪い生活習慣を改めることです。食事 ...

  • 2017/05/22

    高血圧 予防

    高血圧の原因の一つとしてストレスが上げられます。ストレスが血流に影響するのです。ただ、高血圧の予防策としてストレスを溜めすぎないと言われても、仕事を休むわけには ...

  • 2017/05/21

    高血圧 予防

    高血圧と指摘されるのは会社などの健康診断がほとんどです。高血圧で病院に診察に来る人はいないのです。それは痛みなどを伴うことがないからです。血管は体の中にあります ...

  • 2017/05/20

    高血圧 予防

    塩分の取り過ぎは体によくありません。平均的な日本人の食生活はかなり塩分の取り過ぎであると指摘されています。平均の半分以下に塩分量を抑えなければなりません。ただ、 ...

  • 2017/05/19

    高血圧 予防

    高血圧の予防には適度な運動がいいことはよく知っているでしょう。それではどれくらいの運動が適度なのでしょう。あまり頑張りすぎて体を壊しては予防になりません。また、 ...

高血圧とサプリメント

高血圧の傾向があると健康診断で指摘されても、何の予防策も取らない人が少なくありません。
それは自覚症状がないからです。
ただ、早期に予防を始めることで将来の健康を手に入れることができると考えてください。
予防としていろいろと考えられますが、気軽にサプリメントを服用してみてはどうでしょうか。
高血圧対策と言われるサプリメントはたくさんありますが、実際に高血圧を治療するわけではありません。
あくまでもサプリメントですから、補助食品と考えましょう。
塩分の取り過ぎを改善したり、適度な運動をしたりすることが高血圧を抑えることにつながります。
ただ、毎日運動をするのは大変ですから、サプリメントで補うのです。
サプリメントだけで効果があると思ってはいけないのです。
具体的なサプリメントを紹介しましょう。
さくらの森が販売している「きなり」はDHA、EPA、アスタキサンチンが含まれているサプリメントです。
口コミサイトでは人気ナンバーワンだそうです。
高血圧自体に自覚症状がありませんから、サプリメントを服用しても効果があるかどうかわかりません。
それでも人気ナンバーワンと言うことは、飲みやすいと言うことでしょう。
また、価格も重要です。
気軽に試せる価格設定になっています。
えがおのDHA&EPA+アスタキサンチンもほとんど同じ成分です。
高血圧に効果がある成分は同じなのでしょう。
一日3粒、毎日続けましょう。
高血圧の予防は習慣付けることが重要です。
三日坊主では意味がありません。

高血圧と生活習慣

生活習慣によって病気になりやすいかどうかがわかります。
特に高血圧を始めとする生活習慣病はその名の通りなのです。
高血圧の予防策は悪い生活習慣を改めることです。
食事内容の見直し、運動の習慣をつけることが大切です。
食事は毎日のことですから、高血圧予防には一番重要でしょう。
もちろん、運動もした方がいいですが、毎日は無理ですから、週に3回以上と決めるといいでしょう。
塩分の取り過ぎはそれぞれの献立の塩分量を目安として知っておくことが大切です。
短期的な予防ではなく、長期的な視点で考えることが大切です。
つまり、塩分を控えた食事はこれからずっと続けていくのです。
薄味に慣れた人は、濃い味を必要としません。
しかし、しょうゆをたっぷりつけて食べる習慣の人は簡単には薄味に慣れないのです。
始めのうちはそれらが苦痛に感じてしまうかもしれません。
しかし、高血圧から糖尿病などの病気になりたくないと思うなら、努力することが大切です。
高血圧は自覚症状がないため、軽く考えている人が少なくありません。
他の病気であれば、腰が痛かったり、朝起き上がれなかったりするので、何とかしなければならないと思うのです。
高血圧は病気ではなく、病気を誘発する作用があります。
結果として重大な危険性をはらんでいるのです。
それがわかっていても習慣を変えることができない人が多いのです。
国を挙げて生活習慣病を予防しようとしていますが、簡単に改善できる状況ではありません。

高血圧とストレス

高血圧の原因の一つとしてストレスが上げられます。
ストレスが血流に影響するのです。
ただ、高血圧の予防策としてストレスを溜めすぎないと言われても、仕事を休むわけにはいきませんから、容易なことではありません。
したがって、高血圧の予防としてのストレス軽減は考える必要はないでしょう。
それよりも運動をしたり、塩分を控えめにしたりする方が現実的です。
運動をすることによってストレス解消にもつながります。
ただ、日ごろからストレスが溜まっていると感じているなら、その解消を考えることは大切です。
これは高血圧の予防の観点ではなく、楽しい生活を送るために必要なことです。
健康な体を持っていたとしても、毎日が楽しくなければ意味がありません。
今、頑張っておけば、将来が楽しみと言う場合もあるでしょう。
それは自分の明確な目標があるからです。
ストレスの多くは仕事によるものです。
働いてお金をもらうのですから、楽しいことばかりではありません。
時には嫌なこともやらなければならないのです。
ストレスがなければ高血圧にならないかと言えばそうでもありません。
それ以外の要因があるからです。
高血圧を予防するためにできることはたくさんあります。
自分ができることから始めましょう。
塩分を抑えた食事をとると味が薄いと感じてしまうかもしれません。
しかし、それが習慣になると意外とおいしいと思うのです。
要は慣れることです。
高血圧予防は大変なことではありません。

高血圧と健康診断

高血圧と指摘されるのは会社などの健康診断がほとんどです。
高血圧で病院に診察に来る人はいないのです。
それは痛みなどを伴うことがないからです。
血管は体の中にありますが、自分で見ることはできません。
血圧も高いか低いかわからないのです。
高血圧の予防が強く叫ばれているのは、医療費抑制はもちろんなのですが、呼びかけないと予防をする人がいないからです。
高血圧が心筋梗塞や脳卒中を招くことはわかっているはずですが、高血圧の予防には積極的にならない人が多いでしょう。
あなたもその一人ではないでしょうか。
肥満や喫煙が高血圧に悪いとわかっていても、改善することもありません。
もちろん、長生きしたいと思っている人はしっかりと予防策をやっていることでしょう。
日常生活を変えることが予防となります。
一つ一つは難しいことではありませんが、習慣とすることが難しいのです。
毎日、決まった時間に運動をするとか、散歩をすることを習慣にしている人がいます。
自分の健康は人に指摘されてから考えるのではなく、自ら進んで考えることが大切です。
自分の体だからです。
寿命を延ばすのも縮めるのも自分の行動にかかっていると言えます。
多くの人が高血圧の予防をすれば、かなりの医療費削減となります。
その費用を別の用途に使えるのです。
生活が豊かになることは間違いありません。
このような時代が来てほしいと思いませんか。
あなたにできることはたくさんあります。
まずはタバコを止めることです。

高血圧と塩分

塩分の取り過ぎは体によくありません。
平均的な日本人の食生活はかなり塩分の取り過ぎであると指摘されています。
平均の半分以下に塩分量を抑えなければなりません。
ただ、実際に自分がどれくらいの塩分を取っているか簡単にはわかりません。
そのため、塩分量の目安を知っておくといいでしょう。
具体的な数字があれば、どこまでが限度かわかるのです。
もちろん、日によって変動があるでしょうか、それは気にする必要はありません。
高血圧の予防をする段階では、減塩につとめるだけでいいでしょう。
高血圧症になってしまうと、減塩の献立を必ず守らなければならなくなりますから、ぜひとも予防をすることを考えてください。
濃口しょうゆは小さじ1杯で0.9g、薄口しょうゆは1g、減塩しょうゆは0.5g、白みそ0.5g、麺つゆストレートで0.2g、和風だしの素1.2gとなっています。
つまり、日本の調味料は塩分がたくさん含まれているのです。
塩やしょうゆを使わないで済む場合は、できるだけ使わないようにしましょう。
自分の体格と塩分量も考えてください。
体が大きければ必要な塩分量は多くなります。
調味料だけではなく、食品も塩分が多いようです。
たくあん3切れで1.3g、梅干し中1個2.9g、即席ラーメン1個6g、ミートソース1食分3g、ちくわ1本0.3gとなっています。
塩分量がリスト化されたホームページもありますから、それを印刷して持っておくのもいいでしょう。
食事会などでたくさん食べることがあるでしょうが、そんな時は気にしなくていいでしょう。
日常の食事をチェックしてください。

高血圧と運動

高血圧の予防には適度な運動がいいことはよく知っているでしょう。
それではどれくらいの運動が適度なのでしょう。
あまり頑張りすぎて体を壊しては予防になりません。
また、軽すぎる運動もだめです。
もちろん、何の運動もしていない人なら、少しでもやれば確実に高血圧を予防することができます。
高血圧は高齢になるにしたがって、リスクが高くなります。
高齢でもできる運動を考えることが重要でしょう。
若い人の運動とは違うのです。
目安は週に3回以上の運動をしましょう。
回数が少ないと習慣付けることができません。
運動量としては1週間のトータルが1,500キロカロリー以上あればいいと言われています。
肥満体質を改善することができるのです。
もちろん、短期間で体質を改善する必要はありません。
高血圧は一生気にしていなければなりませんから、運動も一生続けるつもりでいてください。
すでに高血圧になっている人、狭心症などの病気になっている人は医師と相談してから運動をした方がいいでしょう。
逆効果になる危険性があるからです。
運動をすると一時的に血圧は高くなります。
体も熱くなるでしょう。
しかし、習慣となることによって血管が広がり、副交感神経の働きを抑えることができるのです。
効果的な歩き方などはチラシやテレビなどで見たことがあるかも知れません。
両腕を伸ばして大きく振りましょう。
あごを引いて、背筋を伸ばすことも重要です。
汗をかいたら適度に水分補給を忘れないでください。