高血圧の方が知っておかなければならないことは、血圧は1日の中で、変動しているということです。
変動する、その幅が自然でしたら特に問題はありません。
ですが、高血圧の人の場合は、日常生活のある行動が、突然、血圧を急上昇させることもあります。
そうなると、脳卒中、心筋梗塞を引き起こす可能性も高くなってしまうのです。
入院中であれば、特に大きなトラブルも起きず、安静にしていられると思いますが、自己療養で高血圧を改善している場合、急激な血圧上昇は、自分で防がなければなりません。
特に高血圧の人が、注意しなければならない時間帯は、必要な時間帯は、朝、起きてから、外出するまでの朝の時間です。
寝ている間に血圧は、一度、下がりますから、また、起きた状態になると、血圧は上昇しますので、朝が注意しなければならない一番の時間帯と言えます。
また、日中は、疲れすぎることなく、適度に休みながら行動しましょう。
そして、夜眠る前は、体も心もゆったりと癒す時間をとりましょう。
朝の準備時間は、誰にとっても慌しいものです。
これは、仕方ありません。
ですが、高血圧の方は、朝、忙しい思いをすると、起床時に高めの血圧が、改善されず、もっとあがってしまう可能性があります。
ですから、起床してばたばたと支度をすることはさけ、早めの起床で余裕のある朝をすごしましょう。
女性はもっと時間がかかるかもしれませんが、出かける一時間前には起きるようにして、ばたばたしない朝を過ごしましょう。