高血圧は、動脈硬化をひきおこし、命を脅かすさまざまな病気の引き金となります。
動脈硬化は、ほっておけば、どんどん進行する病気です。
ですから、早めに高血圧の改善をして、動脈硬化も改善しなければなりません。
動脈硬化には、大きく分けて三つのタイプがあります。
高血圧は血管にとって大きな負担をかけるものです。
たかが高血圧と思って、放っておくと体中が動脈硬化となります。
動脈硬化と言う病気ですが、これは動脈が痛んで、硬くなり、老化してもろくなるものです。
ですから、動脈硬化が進行すると、結果、血流が悪化し、最悪の場合、血管が破裂するなど、とても怖い状態になります。
動脈硬化は、粥状硬化(じゅくじょうこうか)と言うものと、細動脈硬化(さいどうみゃくこうか)、そして、中膜硬化(ちゅうまくこうか)に分類されます。
粥状硬化は太い動脈に起こるもので、コレステロールなど、どろどろしたかたまり(粥腫)が血管にできて、血流が悪化します。
細動脈硬化は、腎臓や脳などにある、細い動脈に起こるもので、血管が傷むことで、狭まり弱くなります。
中膜硬化は、太めの動脈で、血管壁の中膜という部分に、カルシウムが沈着して、それが硬くなり、石灰化と呼ばれます。
これが、動脈瘤なとの原因となるわけです。
これらの動脈硬化は、さらに高血圧によって硬化の進行が促進されてしまいます。
そして、高脂血症(こうしけっしょう)、また、糖尿病を併発していると、さらに命の危険度が高まってしまいます。