高血圧の原因であげられることは、塩分のとりすぎ、喫煙、また、肥満、ストレスなどです。
高血圧の方は、これらの危険因子を改善しなくてはなりません。
また、日本人の高血圧の方で、一番の危険因子は、塩分のとりすぎと言われています。
塩分はナトリウムですから、ナトリウムが血圧をあげてしまいます。
健康な方でも、塩分摂取量が多い生活をしていますと、やがて高血圧になりますから、それは改善しなければなりません。
さて、ナトリウムがどうして血圧を上げてしまうのでしょうか?
ナトリウムが、血圧を上げる理由は、二通りあります
まず、ナトリウムが体の中におおく存在すると、心臓から押し出されている血液量が増えます。
みなさんも、塩辛いものを食べた後、のどが渇きますよね。
水がほしくなり、いつもよりたくさんの水を飲むと思います。
このことでもおわかりのように、体中でナトリウム濃度が高くなってくると、体は一定した濃度に保とうと機能を働かせます。
体内の水分、いわゆる、体液量が増えてくるわけです。
そして、余分な水分は、尿として対外へ排出しようしますから、心臓は強いポンプの力を出します。
これによって血液量も増えるわけで、血圧は当然、上がってきます。
もうひとつの理由は、血管壁にある細胞の中にナトリウムが多くなりますと、交感神経を刺激します。
交感神経が刺激されると、血管が収縮しやすい状態になります。
血管の抵抗が高くなれば、血液が流れにくくなることは当たり前ですよね。