病院で計るときは、クッションのようなものがあると思いますが、自宅の場合は、腕を置くタオルなどを用意します。
机の上にタオルなどを置いて、上腕が心臓と同じ高さになるように、タオルを畳んだり重ねたりして調整しましょう。
次は、肘周辺で脈が出ている上腕動脈を探します。
そして、カフの中にある、ゴム袋の真ん中が、上腕動脈あたりになるようにします。
カフの空気は、すべて抜きます。
カフの下端が、肘の中心から指1本分くらいだけ上に来るようにします。
そして、巻く際は、指が1本ほど入るくらいきつく巻きます。
リラックスしながら、かつ、背筋を伸ばして、姿勢を正しく椅子に座り、血圧を測定しましょう。
血圧の改善効果を目で確認するためにも、1日1回、測定します。
その変化をつかむため、毎日、測定結果を記録することが大切です。
記録するのは、その時間と、最大血圧、最小血圧です。
また、測定する時の室温がわかれば記入し、体調など、血圧に影響が出ることは記録しておくとよいでしょう。
測定した結果を折れ線グラフで表すと、変化がわかりやすくなりますし、高血圧を改善するために何かされている方は、結果が目に見えると励みにもなりますよね。
また、現在では、パソコンで記録を保存しておいたりグラフを作ったりすることも出来ますから、得意な方はそれも良いでしょう。
毎日、きちんと測定して、健康な方は高血圧予防に、また、高血圧の方は改善に役立ててください。
まずは、正しく測定することが大切ですね。