高血圧を改善する方法はいろいろありますが、それに先立ち、まず、自分で血圧測定を毎日することも大事です。
血圧測定器も手に入りやすい価格になりましたので、おうちで計っている人も多いでしょう。
ですから、自分の血圧をきちんと把握しておくこと、これを実施されている方も多いと思います。
ですが、自宅で血圧を測る場合、その方法を正しく行わないと、せっかく測定しても意味がありません。
ここでは、ご自宅で血圧測定をする際、気をつけたいことをご紹介したいと思います。
正しく血圧の数値を計るためには、いくつかポイントがあります。
まず、座って測定すること、それから、体の力を抜いて測定すること。
血圧測定は、リラックスした状態で行うことが鉄則です。
忙しくてばたばたしている間に、血圧を計ることなどないようにしましょう。
食事の後とか、お風呂の後、運動の後、どれも1時間は空けるようにしましょう。
忙しい時間帯と、これらの直後を避けて、毎日、同じ時間に測定できるようなタイミングを決めておきましょう。
それで、毎日、同じ時間に測定するようにします。
体の状態によって、血圧は変化してくるので、落ち着いて測定できる時間を選びます。
せっかく測定しても数値が正しくないと、高血圧の改善方法を実施していても、効果が見えないことになってしまいます。
また、正しい血圧の数値を出すためには、腕を心臓の高さにおける高さで座ることが大切です。
腕にカフを巻いて計るタイプの血圧計が一番良いでしょう。