高血圧に関する誤解を解いておくよ

高血圧 すごいところへ、来てしまった

よもぎがとても綺麗です💕今日はこのよもぎについて学んだ事をシェアします。

よもぎ療法と言うのがあって勿論 よもぎを用いたものです💕
餅草の名前で親しまれるよもぎは とても強い草で野山や道端  何処にでも生えてきます。
子供の頃は 転んで擦り傷ができたり、手を切ったりした時もんでつける事を 婆ちゃんから聞いていて 子供ながらに自然療法に親しんでいました。
転んで目の前にあるのですから有難い草です。このよもぎは 整腸作用が大きく、血液を浄化するそうです。用途は、草餅、青汁、お茶、エキスにして用いるそうです。
腸の汚れは万病の元と言われて、身体の浄化槽の肝臓、腎臓に大きな負担となり、汚れたものが浄化しきれず身体をめぐり病気の元にもなるとあります。
これから紹介する よもぎエキスは糖尿、高血圧、リウマチ、貧血、胃腸病、歯槽膿漏、母乳の出の悪い妊婦さんなどにも昔から愛用されているそうです。でも今の時代 そう言うものがある事自体 知らない人もいると思います。
そんな 自然のものから効果のあるとされるよもぎエキスの作り方を学んだのでシェアしていきたいと思います。
よもぎエキスの作り方☆季節は夏のものが良い(春から秋でも良い)
❶よもぎを枝ごと刈る。❷鍋に入る大きさに切って洗う。❸ヒタヒタの水を入れて煮ます。❹水が半分量に煮詰まったら木綿の袋で濾します。❺濾した汁を中鍋で更に煮詰めていきます。❻煮詰まってきたら小さい土鍋に移して煮詰めます。❼濃い汁がベットリと水あめ状になるまで焦がさない様にとろ火にして煮詰めたものがよもぎエキスです。
大量のよもぎで、ごく少量のエキスですが、それだけのパワーがあるそうです。汗💦も努力も惜しまなければ、自然は見事なものをプレゼント🎁してくれるそうです。また、よもぎをジューサーで青汁を絞って取り、これをじっくりと時間をかけて煮詰めて行っても良いそうです。
今年はこのよもぎはエキスにトライして見たいと思っています。はこべらエキスや梅肉エキスと似た感じです。確かに手間も時間も掛かりますが パワーを凝縮してる感が有ります。茹でた汁を越す時ですが 木綿だと良いですが ガーゼで手っ取り早く濾したことがあります。目が荒くて 水あめみたいにならずザラザラでパサパサになった経験があります。時間は掛かりますが 木綿など目の細かい物で越す事をお勧めします💕また作ったらブログでシェアしていきたいと思います💕