高血圧に至る病

13、ビタミンD(その1)
Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より
喘息、花粉症には、A50000IUD20000IUC腸耐性用量。
ーーーー2017.4.24記事ビタミンDの中で、われわれ動物はD3(cholecalciferol)を利用している。日光により7-デヒドロコレステロールから合成される。D不足はくる病(rickets) を引き起こす。さまざまな薬剤は、Dの吸収や活動を妨げる。D不足は高齢者では多く見られる。加齢により日光からDを合成する能力が低下する。
Dによって得られること、Dは骨粗鬆症、ガン(特に、前立腺ガン、大腸ガン、乳ガン、皮膚ガン、卵巣ガン)を予防する効果がある。Dは骨粗鬆症、うつ病、高血圧、多発性硬化症、糖尿病を予防する効果がある。
1.骨粗鬆症骨粗鬆症の患者は血中D濃度が低い。カルシウム+800IUのD投与により大腿骨頸部骨折は43%減らすことができる。DRIの600IUでは、少なすぎる。筆者の母親は何度も骨折をしていたが、Dを2000IUに増やした後は骨折しなくなった。抗てんかん薬服用者は4000IU以上必要。
2.くる病小児のくる病は今でも多く見られる。くる病は母親のD不足から生じる。白人よりも黒人がくる病になりやすい。(低緯度の生活に適応している黒人は、高緯度では日光からDを合成する能力が低い)UVカット、大気汚染、オゾン層破壊により日光不足となり、D不足になる。
3.肥満肥満の人は日光だけでは十分量のDが作れないのでDサプリが必要。
4.多発性硬化症(MS)MSはD不足により生じ、骨量が減少する。Dは脳の自動免疫性の脳脊髄炎を防ぐ。MSは緯度が高まるにつれて、発症率が高まる。魚の摂取はDの血中濃度を高め、穀物の窃取はフィチン酸のためDの血中濃度が下がる。小児期のD濃度が低いと、MSの原因となる。D+Ca+Mgの投与でMSの発症率は下がる。筆者はMS患者に12000IUのDを投与にして、2週間で改善させた。

元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1286948951421426

高血圧売れ筋ランキング。話題の商品をチェックするならコチラ

今日の子宝メシ 外食でもなんのその❗️ 蕎麦 性味 甘/涼 帰経 脾胃大腸 作用 下痢 胃もたれ 高血圧 老化防止 毛細 血管強化 消炎 暑くなってきたのでざる蕎麦を。ざる蕎麦は冬に食べるとなかなか寒くなります。前に三枚寒いときにざる蕎麦食べたら下痢しました!冷えちったわけです 常に人体実験なわたし 冷やさないために、必ず薬味をネギや生姜などつけましょう。こうやって陰陽のばバランスをとります 蕎麦といえばルチン 若返るぜルチン‼️ #みよた #ルチン #そば #マクロビオティック #子宝メシ#不妊治療小山田明子さん(@akikooyamada4877)がシェアした投稿 – 2018年May月2日pm9時48分PDT