高血圧をもてはやすデイトレーダーたち

20秒で理解する高血圧

 私は生まれつき難病の高安病と肺高血圧症を抱えています。医者には長くは生きられないと言われてきましたが、先日医者からそろそろ覚悟をしてくださいと言われました。私は孫たちに何も渡していません。覚悟をしてくださいと言われてから時間が何よりも貴重になりました。私が最後にしたいことは今まで学んできた翻訳の勉強の集大成として、本を出版することでした。最近、絵本の翻訳が完成し、「ベイリーはくぶつかんにいく」、2017年には「28DAYS運命をかえた黒人たち」が発売予定です。今は車椅子に乗り、酸素ボンベを抱え外出はできない状態です。日常生活にはとても不自由していますが息苦しさや心房細動を忘れるために何かに集中していないと生きていることがとても苦しい毎日です。特に「28DAYS運命をかえた黒人たち」は医者に内緒で命がけの作業でした。これからも生きている限り自分が生きた証を残すため、何かに挑戦し、今まで肺高血圧のある高安病の最長寿命が65歳と言われていますが、それを更新し続けたいと頑張っています。★訳者★北川 静江(きたがわ しずえ)練馬区在住。大学卒業後、35年間音楽講師を務める。読み聞かせを通して絵本の魅力にひかれ、通信教育で翻訳を学ぶ。バベル翻訳専門職大学院(USA)科目履修コース在籍。 ★書籍情報★
原書:BAILEY at the museum
タイトル:ベイリー はくぶつかんにいく
定価:1,500 円+税
著者:ハリー・ブリス(作・絵)
訳者:北川静江(きたがわ しずえ)、小峯真紀(こみね まき)
監訳者:宮本寿代(みやもと ひさよ)
出版社:バベルプレス
判型:25.3㎝、27.8㎝(上製)
頁 : 32ページ
★NEWSリリース★
2017年1月16日発売予定 (予約注文スタート)
「28DAYS運命をかえた黒人たち」
チャールズ・R. スミス・ジュニア(作)シェーン・W. エヴァンス(絵)北川静江(訳)
価格 : 1,600円 (税込 1,728円)
チャールズ・R. スミス・ジュニア(作)シェーン・W. エヴァンス(絵)北川静江(訳)出版社:バベルプレス判型:30㎝、24.8㎝(上製)頁 :56ページ   ★内容★アメリカ合衆国では、年間行事として毎年2月をアフリカ系アメリカ人の歴史を回想(かいそう)する「黒人歴史月間」としています。これまでも、公民権をもとめて戦った黒人の歴史図書はありましたが、チャールズ・R.スミス・ジュニアは、「黒人歴史月間」にあわせ、長年あたためてきたアイデアを絵本にまとめあげ、黒人の偉業を紹介する『28days』を出版しました。2016年この本が刊行されアメリカで大ヒットした年は、リオデジャネイロ(ブラジル)のオリンピックがあった、うるう年(4年に1回2月が29日まである年)だったので、タイトルは“28DAYS”ですがストーリーは29日まであります。あらゆる角度からアメリカ合衆国の歴史を塗り替えた勇者たちを、28日間でフィーチャーしています。キング牧師やマルコム・X以外にもアメリカ社会に影響を与えた人物を、クリスパス・アタックスを皮切りに1770年から紹介しています。また、医学、スポーツ、航空、美容業界、テレビ界と、多岐に渡りそれぞれの分野で活躍した人物を、みずみずしい文章でわかりやすく描写しており、シェーン・W・エヴァンスのイラストが、ノンフィクッション絵本(本当にあった出来事)に輝きをそえています。日本は黒人文化になじみがうすく、この種の絵本は、新鮮に読んでいただけると思います。またそうあってほしいと願っております。特筆すべきは8日目のハリエット・タブマンです。並外れた彼女の労苦と勇気はアメリカの国民も認めていて、2020年、20ドル札の顔になることが決まっています。黒人女性が紙幣に刻まれるのはアメリカ史上初めてです。最後の28日目にバラク・オバマ氏が登場します。読み進めていけば、なぜバラク・オバマ大統領が誕生したかが、おわかりになるでしょう。1月10日  診察ではBNPが300にはねあがっていました。医師というのは、        患者の成績(ここではデーター)が悪いとあからさまに機嫌にあらわれて、叱られ                    ます。患者を思ってのことか、ご自分の腕を気にしているか、 その両方なので           しょう。 2月13日          BNPが300になってからアドシルカ20mgにかえました。副作用もでず、楽に動          けるようになりました。今のところ効果を実感。 6月10日          ブログの更新ができませんでした。肝臓の数値γGTPが400を越えました。腎臓の        数値も少しずつ悪くなっていき、このところだるくて寝てばかり。薬を多量に服用して       いるのですべての副作用でしょう。アドシルカは肺高血圧の薬。アドシルカに変え4月       頃から下痢にも悩まされる。オムツをあてて過ごさなければなりません。医師に相         談。また元服用していたレバチオに変え様子みることに。 6月23日     今日は小林麻央さんの訃報が届き悲しい日になりました。     私もいつもベットの上、鼻孔カニューレから酸素吸っています。姿は同じ。                 でも年齢は私の半分。見ていられません。     「愛情をいっぱい受け育ったお嬢様だから、愛のお返しができる方。」     まったくの他人なのに私も麻央さんから「愛する尊さ」を教えていただいた     一人です。 10月2日     私がいつも静養している沼津にある長泉山荘、部屋からの眺めです。     滝壺はオゾンの宝庫、水は10本の指に入る名水、柿田川の天然水です。
     ここに滞在していると浮腫みが取れてとても調子が良くなります。 2018年4月15日     皆さん、こんにちは。
     長い間、ブログをお休みしてしまいました。
     暖かい季節になってきたので、身体の調子も良くなってきました。
     この冬は家にこもって新作の翻訳をしていました。
      新作のタイトルは「スタンとメイベル音楽隊」です。
     作家のジェイソン・チャップマンはどうぶつのイラストが得意で
     この絵本は私の大のお気に入りです。       ご興味のある方は下記をクリックしてください。https://youtu.be/MmscpRtA8N8  28DAYSの著者:チャールズ・R. スミス・ジュニア と 訳者:北川静江の対談については下記
をクリックしてください。     28DAYS チャールス・R・スミス・ジュニアと北川静江の対談