高血圧を選ぶとき、誰が、どんなふうにつくったか、気にする人が増えています。ビールは、どうですか?

リンデンってわかるかなぁ?

リンデンはヨーロッパ原産のハーブです。
和名は「菩提樹」です。
お釈迦様はこの菩提樹の下で悟りを開いたとして知られています。 これは縁起がいい!
リンデンには優れた鎮静作用があり、精神を落ち着かせてくれます。
ストレスを緩和し、リラックス効果があり、不眠症を改善します。
ストレスからくる頭痛や高血圧、動脈硬化の予防にも良いとされています。

ちなみに花と苞(ほう)の部分を乾燥させたものを「リンデンフラワー」と呼び、木部の白木質部分を使ったものを「リンデンウッド」と呼びます。

これらはそれぞれで効果効能が異なっていますので、注意が必要です。
 リンデンフラワーにはほのかに甘い香りがあり、高ぶった気持ちを落ち着かせ、神経の緊張を鎮め、精神的なストレスを和らげてくれます。 心臓の鎮静効果もあり、動機を鎮めてくれます。

また、ストレスからくる頭痛や高血圧、動脈硬化の予防にもよいと言われています。

一方で リンデンウッドには利尿効果や脂肪を分解する効果があり、体内の老廃物を排出してくれることからダイエットにも効果的です。但し、リンデンフラワーと違って香りはありません。

ちなみに樹木としてのリンデンは高さ20~30mにもなる巨木です。
日本だと北海道などにみられます。

効果効能
緊張緩和、不眠症、消化促進、利尿

ハーブティー、スキンケアの入浴剤、フェイスパックなど。
リンデンフラワーはティーとして飲むことでイライラやストレスの緩和などに活用できます。 また、すりこぎで粉末状にして湯を少量垂らして混ぜるとジェル状になります。
これを顔に付けることでフェイスパックとしても活用できます(痛みを感じる場合などはすぐに洗い流してください)。
他のハーブを粉末状にして混ぜてパックにしてもいいです。 以上meatmansDo.sドゥエスでした。

高血圧についてまとめ

14、ビタミンD(その2)
Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より
14、ビタミンD(その2)
Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より
全員D不足なので飲むべきだと思います。
ーーーー2017.4.26 記事
5.心疾患Dは冠動脈疾患、高血圧を防ぎ、うっ血性心不全、拡張型心筋症も防ぐ。
6.ガンDは皮膚細胞の前ガン病変を予防する。大腸ガンは明らかにD不足と関係している。D不足は、卵巣ガン、多発嚢胞卵巣を引き起こす。D不足は前立腺ガン、乳ガンを引き起こす。
7.喘息D3+Aの投与により喘息は改善する。D3は5000~14000IU、Aは28000~75000IU。上記により90%以上症状の改善を見た。
8.他の疾患D投与により1型糖尿病を80%減らせる。Dは季節性感情障害(冬季うつ病)を改善させる。D投与により。強皮症、乾癬を改善させる。Dは潰瘍性大腸炎などの炎症性消化器疾患を改善させる。
RDAでは成人男女200IU、高齢者は400~600IUであり、不適切。最低量1000~4000IU必要。多発性硬化症(MS)の治療には10000IU以上。くる病の治療には50000~300000IU必要。小児くる病予防のためには、妊婦は600000IUが必要との意見がある。
D過量投与の毒性は不明。50000IUを継続しても毒性がないことは明らかとなっている。動物実験の結果、LD50(半数が死亡する投与量)は人間の体重に換算すると、何と1400000~1680000IU!———————–ビタミンD3はこれを飲んでいます。最初の1年は毎日、今は隔日服用。http://www.puritan.jp/vitamin-d3-10000-iu-035872.html?scid=24218
iHerbでNowD3 5000IU*2でも良い。https://jp.iherb.com/pr/Now-Foods-Vitamin-D-3-5-000-IU-120-Softgels/10421
そう言えば、間違って1000IUのプチ盛りをした人もいましたね。
元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1289274131188908