高血圧興奮のあなたの生活シーンを変えるかも♪

2017年7月4日(火) 
手術翌日。朝、iPadを手にICUを訪ねると、息子は気怠げながらも、動画を見る意欲あり。完全に横になると傷が痛むようで、ベッドの背を起こしてもたれ掛かるような姿勢で、ムッツリと画面を眺める。高血圧と発熱あり、ドレーンもついて痛々しい姿だけど、ドクターからは順調とのこと。
日中は怠そうだったのが、夜になって少し回復。ビスケット3枚、焼き魚と海苔ご飯少々、牛乳半パックを口にして、何度か笑顔を見せてくれた。口数も増える🎤高血圧は解消、熱も夜には37度台まで下がった。術後は飲み薬の回数が一気に増えたけど、頑張って飲んでくれてジンとする。
息子がいるのは、端から端まで見渡せるICUフロアの中心。計器だらけでスタッフが足速に行き交う中、息子はベッドを起こし、バスタオルを衣のようにかけ、ムッツリとiPadを見ている…。その姿が何だか高貴な僧侶のようで、ふと可笑しくなったりもした。明日はまた少し、楽になるといいね☺️
7月5日(水) 
息子、昼前にICUを出て一般病棟へ。ドレーンと、午後には腕の点滴も抜け、更に身軽になった。
元いた血液腫瘍科ではない、別の病棟へ。入院当初も、腫瘍科のベッドが空くまでいた同じ病棟なので懐かしい
移動の途中にプレイルームが目に入り、「いく👹さんぽいく🤖🔥」と、息子、横になったまま大騒ぎ😱でもさすがに今は無理😑(騒ぐ力が出てきたのは良かったけど)食事も数口ずつ食べてくれた。おふざけも復活して、手を焼きつつ嬉しい😊✨
7月6日(木) 
手術から3日。息子、歩き始める!寝返りもしない状態で「プレイルーム行く🤖⚡️」と騒ぐので、まぁ見るだけでも、と、横抱きにして連れて行った。床に下ろすと、なんとお座りして遊び始め…やがて、お目当のオモチャを取りに立ち上がり、歩き出した😳‼️ …意欲って大事だなぁ…😊✨ 
手術前の説明で、「子どもの回復は速いですよ」と聞かされていたけど、本当にその通りだった。お腹の7割くらいを切る開腹手術を受けて、3日後にはプレイルームで遊ぶなんて(さすがに、プレイルーム以外は「だっこ」だったけど)。大人だと、とてもこうは行かないとのこと。子どもの生命力の凄さを改めて感じた。
食欲もやや向上、食べる量が増えた👍
7月7日(金) 
息子、順調に回復。小走りに移動し、プレイルームに入り浸り。
午後は病棟の七夕イベントにも参加し、かわいい飾りも製作。シールの裏紙を剥がしてやりながら「月曜に手術して、金曜にはこんな風に楽しめているなんて…」と、またしみじみしてしまった。
先生からは「夕食を半分食べられたら、点滴を外しましょう」と…❗️私が燃えて熱心に食べさせ、何とか半量に到達😆
消灯時間間近だったけど、点滴を外し、すっかり身軽になった息子と病棟内の散歩へ。ちょこまか動き回って、楽しんでいた。

7月8日(土) 
手術から5日。外科の病棟から、元の血液腫瘍科の病棟へお引越し。事前の説明では「1~2週間くらいで」だったのが、部屋の都合もつき、息子の回復も順調なので、と早まった😊
おなじみの看護師さん達に「頑張ったね」と声をかけられ、満更でもなさそうな息子…😙 そして何が嬉しいって、持込食が…できる😆‼️お引越し早々、唐揚げやキウイなど好物を平らげる息子を前に、ちょっとした打上げ気分に浸った…🍺😆
手術時、息子の体重は11.8キロ(2歳9ヶ月)食欲も少し回復してきたし、あとはどんどん食べろ~~太れ~~👍

7月9日(日) 

夫が合流し、おなじみの病棟での日曜日。息子は点滴ナシで身軽だし、すこぶる元気だし、好きな物を一緒に食べられるし、何だか…最高かも…😭
回診に現れた主治医が「週明けに腫瘍の病理診断を元に、今後の治療について各科と打合せをします」と。腫瘍の全てが石灰化してるかどうか…ドキドキ😑
7月10日(月) 
手術で摘出した腫瘍、病理の結果が出た。ベストは生きたガン細胞が無いことだったけど…、生き残っているものが有った。ただ、そこは腫瘍の辺縁部分ではなく内側で、また放射線をかけるので心配ない、との説明。
これだけの化学療法と移植、強い強い治療をこんなに重ねても、まだガン細胞が生きているなんて…心配ない、との説明にホッとしながらも、改めて神経芽腫という病気の手強さを思った。
血液検査は、白血球2570、血色素量8.4、血小板8.1と数値が自力で上がって来ていた😊 肝臓の数値も安定。気付けば、移植後2ヶ月が近くなってきたのだなぁ。ウルソ、アシクロビルといった移植関連の飲み薬も、あと数日で終了予定。
息子の状態が良いということで、このまま早目に放射線治療に進もうと決まった。明日はCT。いよいよ、治療も最終段階に入るのだと思うと、緊張しつつも先に光が見えた気がした。

高血圧のマニアックな情報を提供、親切・丁寧なショップが盛りだくさん、是非一度ご利用ください

低用量ピルを飲んでみたいけど副作用が気になる・・ 特に血栓症って命にも関わるっていうし・・ ただ血栓症という言葉は知っていても詳しい内容については知らない人が圧倒的 お化けと一緒でなんだかよくわかないものをただただ怖がっていてもあまりプラスにはなりません というわけで数回にわたってブログで紹介していこうと思います まずはそもそも論と用語の解説ここが理解できないと何が怖いのか?何に気をつければいいのか?全くわかりませんもんね 1:血栓って何?読んで字のごとく血が固まってできる塊です 私たちは普段怪我をしても特に何もしなくても出血は止まるし自然に治るケースがほとんどです 私たちが生まれる遥か前から 太陽は東から昇って西に沈むし地球は1日1回自転し続けてるし日本には四季があるし川は流れ続けている・・ それと同じくらい血は自然に止まるのですが よくよく考えるとそれ自体が超常現象なのです 深く考えると底が見えなくなる話題ですが 血液には血を固める仕組みが備わっている ついでに言うと固めた血を溶かす仕組みも備わっています 採血をしたことがある人はわかると思うけど 採った血を放置すると5分以内にしっかりと固まっちゃう ちなみにそれ以上かかるとなんらかの異常がある可能性ありです 心配な人は血を抜いて放置してみよう!冗談ですのでお気になさらずに・・ さてこの仕組み本来は体の外で血液が固まるようになっているのですが 血管内でも血液が固まったりします これがいわゆる血栓というもので 実は日常生活において血栓は意外と作られていると言われています ガン細胞と一緒ですね注)ガン細胞は1日100個くらい出来てる 特に妊婦さん・産褥婦さんなんかは 出血に備えるために血が固まりやすくなっているためもともと血栓症のハイリスクです 妊婦さん全員に血栓精査の超音波を行うとかなり高い確率で血栓が発見されるなんて報告もあります あとは高血圧によって常に血管にダメージを受けている人や 喫煙によって血管収縮が頻繁に起こり有害物質をしこたま取り込んでいる人 肥満で足の血流が悪く血液の鬱滞が起こりやすい人 上記のケースでは普通よりも血栓が作られやすいわけです え・・日常的に血栓が出来てるってすっごい怖いんですけど・・ そうですよねえ ただここから誤解している人がとっても多いのですが・・ 実は血栓なんて持っている人は沢山いますがそれだけで命を落とすなんて事は稀なのですと言うわけで次のステップに・・ 2:血栓と塞栓と梗塞血栓症で怖いのは塞栓を起こした時です 塞栓というのはどっかに詰まっちゃうという意味で 体内で作られた血栓が剥がれてしまい 辿り着いた先の血管に詰まってしまうと塞栓という状況になります さらにさらに塞栓が起こった部分が結構大事な臓器だったりすると 細胞に血液がまわらなくなり酸欠になって臓器がやられちゃう状況に陥ります この状況を梗塞と呼びます 脳梗塞心筋梗塞 やっと耳慣れた単語が出てきましたね 脳の場合は脳卒中なんて呼ばれたりしますが注)脳卒中には脳出血も含まれるけど・・ 心卒中なんて言葉はないですね不思議・・ さてさて心筋梗塞や脳梗塞なんかは動脈に出来た血栓が飛んでしまうのが多くの原因です ピル内服でこれらのリスクもやや上昇するのですが 実際に心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすいのは加齢による血管の変化や先ほど紹介したような生活習慣が悪い人でリスクが上昇するケースが多いです ピル内服で覚えておいて欲しいのが 肺血栓塞栓症 という病気です 病名が沢山出てきて非常にややこしいですが・・ 血栓ができる位置と詰まる場所が違う と考えて頂ければ多少は理解しやすいかなと思います 3:肺血栓塞栓症動脈と静脈・・だから何?? って感じですが 採血をする時は一般的には静脈から行います 駆血帯というゴムで上腕をグイッと縛って 太くなった血管にプスっと針を刺す 静脈ってプヨプヨしててちょっとの圧力で血液が貯まりやすいし血管が膨張しやすいんですね そうすると血栓が出来やすい状況になるわけです 特に立位歩行する人間では足の血管に血液が鬱滞しやすくて大きな血栓が出来やすいのです この状況を深部静脈血栓症と呼びます この血栓が流されると血流に乗って 下肢心臓肺 と飛ばされていって肺の血管に血栓が詰まってしまう事があります 肺血栓塞栓症 という病気で肺は酸素を取り込む部分なので詰まることによって酸欠になってしまいます 身近なところだとエコノミークラス症候群なんていう言葉は飛行機に乗った時に耳にするかと思います 狭い座席で長時間足を動かさない血流鬱滞で血栓ができるトイレに立ち上がったら血栓が飛んで肺血栓塞栓症 というのが教科書的な説明です 実際には詰まる血管の場所や詰まっている数なんかによって症状の重さも様々です さてここまで説明してきて・血栓・塞栓・梗塞・肺血栓塞栓症の単語が理解できたところで 低用量ピルによって起こる危険性が高いケースを説明すると 低用量ピル内服により血栓リスクがやや上昇血栓ができる血栓がたまたま飛ぶ飛んだ血栓がたまたま肺の大きな血管に詰まるしかもそれが移動しない発症後の対応も悪い という色々な因子が重なって危険性が高い状況が生まれる訳です まあ血栓が出来ることだけが怖いわけでは無いって事が理解頂ければと思います じゃあピルを有効利用して危ない状況をなるべく回避するためには一体どうすればいいか? を次回から解説します ブログ内検索活用してください 私のクリニックは遠藤レディースクリニックhttp://endoclinic.mamacaremail.info予約受付http://endoclinic.mamacaremail.info/custom.htmlインタビュー記事https://doctorsfile.jp/h/183149/df/1/   特典動画はこちらのフォームから  きゅーさんに聞きたいこと限定動画も公開中https://lounge.dmm.com/detail/184/ 宣伝一覧のページはこちらhttp://ameblo.jp/kyusan0225/entry-12178930012.html 妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと 1,296円 Amazon    妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと【電子書籍】[ きゅー ] 1,296円 楽天  きゅーさんへのお仕事依頼はこちらhttps://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTjEvkom Twitterhttps://twitter.com/kyusan_obgy きゅーさんの本当に伝えたいこと別サイトhttp://kyusan.mamacaremail.info 物置サイトhttps://kyusan0225.ameb
aownd.com