高血圧 もっと世界を自由に。

16、ミネラル(その2)
Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より
骨強度の増大には、1)タンパク質、2)Mg、3)Zn、4)C、5)D。
Ca単独投与では骨強度が低下する。
ーーーー2017.5.2 記事4.カルシウムD3、タンパク質、乳酸があればカルシウムの吸収が促進される。リン酸(清涼飲料水、など)があればカルシウム吸収が抑制される。カルシウムと骨粗鬆症との直接の関連はない。カルシウムのみ(牛乳、など)の補給は骨強度にほとんど影響を及ぼさない。マグネシウム不足があれば骨強度が低下し、マグネシウムの補給があれば骨強度は増大する。マンガン不足があれば骨強度が低下する。C不足は骨強度が低下する。骨強度低下はD3不足により引き起こされる。ドロマイトによる供給。骨粗鬆症の治療には、カルシウム1000~2000mg、マグネシウム500~1000mg、亜鉛10~50mg、マンガン15~30mg。
Ca、Mg、Zn、D3https://jp.iherb.com/pr/Now-Foods-Calcium-Magnesium-240-Softgels/461
5.マグネシウムマグネシウムのほとんどは細胞内にある。つまり、血中濃度を測定しても意味がない。穀物の精製、調理によりマグネシウムは真っ先に除去されてしまう。アルコール症、慢性肝疾患、糖尿病、高血圧によりマグネシウム濃度は低下する。ドロマイトによる供給。
ドロマイトhttps://jp.iherb.com/pr/Nature-s-Plus-Dolomite-44-Grain-300-Tablets/11735
6.マンガンマンガン不足は、発育障害、骨の異常、糖尿病症状を引き起こす。てんかん患者の1/3では低マンガン血症がある。統合失調症治療には、亜鉛、マンガンの投与にて銅濃度を低下させることが有効である。抗精神病薬投与によりマンガン不足を引き起こし、遅発性ジスキネジアを生じる。つまり、遅発性ジズキネジアの治療にはマンガンが有効。
Mnhttps://jp.iherb.com/pr/Source-Naturals-Manganese-10-mg-250-Tablets/1278
7.重金属いくつかの病気は、水銀、鉛、カドミウム、アルミニウムなどの重金属蓄積により生じる。アルツハイマー病はアルミニウム蓄積により生じる。鉛が蓄積すると、子供の行動障害を生じる。鉛の発生源は、車の排気ガス。統合失調症患者の中には水銀が蓄積している患者がいる。子供の行動障害、学習障害患者の中にも蓄積している患者がいる。重金属蓄積の診断には、毛髪検査が有効である。水銀蓄積の診断には、血中の亜鉛/銅比率が参考になる。治療は、1)食べ物の中の疑わしい物質を除去すること、2)食物繊維の摂取を増やすこと、3)C、セレン、亜鉛、マンガン。

元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1296112430505078

話題の高血圧を徹底比較情報!