高血圧からの伝言

昨日は大学病院の呼吸器膠原病内科の受診日でした。
主治医が変わり、金曜日から月曜日に診察日が変わったので病院に行くのも時間を考えて逆算して家を出なければなりません。(特に月曜日は混んでいます)
昨日は7時20分頃家を出ましたレントゲンの予約が10時、その前に採血もしなければならないので早めに出ました
早く出て正解でした。渋滞に入る前に病院に着いて駐車場も1階が空いていたのでラッキー
時間があったのでタリーズでコーヒーを飲み少し休んで採血へ
わかっていたけど激混みですぐに並びたかったけど息苦しいのと脚や腕がダルダルで少し座って休んでから並びましたその後はレントゲン、診察とも時間通りにいけてよかったです。
それにしても月曜日の午前中ってやっぱり混みますね
早く来ないと病院の駐車場にさえ入れない事態になるので困ったものです。

で……
診察の結果はレントゲンでは肺は悪くなってないけどKL-6が2月からずっと上昇しているのが気になると言われました

間質性肺炎の人の中に羽毛が悪化の原因になるので止めてみたもののあまり変わらずだしまぁ、咳は少し減ったけど動悸や息苦しさは3日ぐらい前から増しているし手の皮膚のテカテカ感も出てきたりまた、横になった時にげっぷが出るようになったし、たまに苦いものが上がってくる…等々不安に思うことを言ってみました

先生は「強皮症が少し進んでいるのかもしれない」「レントゲンでは以前と変わりないけど強皮症の場合、肺高血圧症のほうが悪くなっていないか考えないといけない。しばらく検査をしてないのでしましょう」との事

検査は・胸部、腹部CT・心エコー・肺機能検査・もしかしたら心電図も・そして採血
約8ヶ月ぶりの検査フルコースです
ゴールデンウィーク明けに検査予定

検査の結果を見て循環器の先生と相談しますと言ってくださいました。
肺高血圧症は約1年とちょっと前にカテーテル検査をして今のところ薬を飲むほどではないと言われ経過観察中。去年の9月に心エコーしたけどそのときも特に悪くなってなかった。
どうなってるか気になるぅ~

なんか、久しぶりに症状とデータ、そして先生の考えが私と一致してくれたのである意味よかった

プレドニゾロンの減量なんて言えるはずもなくしばらく11㎎が続くのでしょう

薬が増えなければいいと思わなければいけませんね

検査までしばらく日にちがありますがどうなることやら

今のところゴールデンウィークも特に予定もなし

まったり過ごすことにします☕️

本日も訪問していただきありがとうございました

高血圧がついに日本上陸