高血圧症になるとどのような症状が現れるのでしょうか。
実は、ほとんど自覚症状がありません。
健康診断の結果の数値を見て、高血圧症の疑いがあると指摘されるのです。
もちろん、そこで精密検査を受けることになります。
初期の高血圧症であれば、特別な治療は必要ありませんが、自分でできる治療を考えておくべきです。
自分でできる治療とは病院で治療してもらうほどのことはないのですが、何もしなければ確実に状況が悪くなると考えてください。
つまり、放置していてはだめなのです。
自覚症状がない病気の筆頭と言われている高血圧症ですが、実は気を付けていれば症状に気が付きます。
頭痛、耳鳴り、胸痛、動悸、呼吸困難、むくみなどです。
肩こりやめまいもあります。
ただ、これらの症状は高血圧症による直接的な症状ではありません。
高血圧症によって他の病気にかかりかけているために症状として現れるのです。
一般的に高血圧が怖いのは、高血圧によって体中の様々な部位が合併症を引き起こしてしまうことです。
そして、症状が出た時にはすでに手遅れと言うケースも少なくありません。
心臓の疾患としては心筋梗塞、狭心症、不整脈などがあります。
これは血管に強い圧力がかかるために引き起こされる病気です。
高血圧の典型的な合併症と言えます。
もちろん、高血圧症だけがこのような病気を引き起こすわけではありませんが、そのリスクが高くなっていることは間違いありません。
つまり、健康診断で血圧が高いと指摘されたら常日頃から注意しておかなければなりません。