生活習慣によって病気になりやすいかどうかがわかります。
特に高血圧を始めとする生活習慣病はその名の通りなのです。
高血圧の予防策は悪い生活習慣を改めることです。
食事内容の見直し、運動の習慣をつけることが大切です。
食事は毎日のことですから、高血圧予防には一番重要でしょう。
もちろん、運動もした方がいいですが、毎日は無理ですから、週に3回以上と決めるといいでしょう。
塩分の取り過ぎはそれぞれの献立の塩分量を目安として知っておくことが大切です。
短期的な予防ではなく、長期的な視点で考えることが大切です。
つまり、塩分を控えた食事はこれからずっと続けていくのです。
薄味に慣れた人は、濃い味を必要としません。
しかし、しょうゆをたっぷりつけて食べる習慣の人は簡単には薄味に慣れないのです。
始めのうちはそれらが苦痛に感じてしまうかもしれません。
しかし、高血圧から糖尿病などの病気になりたくないと思うなら、努力することが大切です。
高血圧は自覚症状がないため、軽く考えている人が少なくありません。
他の病気であれば、腰が痛かったり、朝起き上がれなかったりするので、何とかしなければならないと思うのです。
高血圧は病気ではなく、病気を誘発する作用があります。
結果として重大な危険性をはらんでいるのです。
それがわかっていても習慣を変えることができない人が多いのです。
国を挙げて生活習慣病を予防しようとしていますが、簡単に改善できる状況ではありません。