高血圧と指摘されるのは会社などの健康診断がほとんどです。
高血圧で病院に診察に来る人はいないのです。
それは痛みなどを伴うことがないからです。
血管は体の中にありますが、自分で見ることはできません。
血圧も高いか低いかわからないのです。
高血圧の予防が強く叫ばれているのは、医療費抑制はもちろんなのですが、呼びかけないと予防をする人がいないからです。
高血圧が心筋梗塞や脳卒中を招くことはわかっているはずですが、高血圧の予防には積極的にならない人が多いでしょう。
あなたもその一人ではないでしょうか。
肥満や喫煙が高血圧に悪いとわかっていても、改善することもありません。
もちろん、長生きしたいと思っている人はしっかりと予防策をやっていることでしょう。
日常生活を変えることが予防となります。
一つ一つは難しいことではありませんが、習慣とすることが難しいのです。
毎日、決まった時間に運動をするとか、散歩をすることを習慣にしている人がいます。
自分の健康は人に指摘されてから考えるのではなく、自ら進んで考えることが大切です。
自分の体だからです。
寿命を延ばすのも縮めるのも自分の行動にかかっていると言えます。
多くの人が高血圧の予防をすれば、かなりの医療費削減となります。
その費用を別の用途に使えるのです。
生活が豊かになることは間違いありません。
このような時代が来てほしいと思いませんか。
あなたにできることはたくさんあります。
まずはタバコを止めることです。