喫煙と高血圧の関係は健康診断などを受けると必ず指摘されていますから、多くの人が予防の効果を認識しているはずです。
しかし、喫煙を止めない人は少なくありません。
喫煙がどのように高血圧に関係しているのでしょうか。
喫煙によりアドレナリンが分泌され、血管が収縮します。
そのため心臓から送り出される血液を増やす必要があり、結果的に血圧が高くなるのです。
心拍数の増加もあります。
煙中の一酸化炭素を吸うことによって、ヘモグロビンの低下も指摘されています。
同じ血液量で運ぶことができるヘモグロビンの量が減るのですから、さらに血圧は高くなります。
血流だけではなく、喫煙により遊離脂肪酸が増加します。
この脂肪酸は血管の内壁に溜まります。
狭心症など、血管が細くなるのです。
このように喫煙による健康への害は明白です。
それでも喫煙が止められないのはニコチンによる依存症が原因と言われています。
高血圧予防のため禁煙を始めたばかりの時には禁断症状が出るのです。
最近は禁煙外来などもできており、日本中で禁煙をバックアップしています。
あなたが血圧を気にするのであれば、すぐにでも禁煙をしましょう。
家族もきっと応援してくれます。
健康に悪い喫煙ですが、喫煙場所でのコミュニケーションが重要と考えている人もいます。
それは一理ありますが、そのために寿命を縮めてもいいと思うのでしょうか。
喫煙の影響をはっきりと自覚することが大切です。
若い時は問題ないとしても、中高年になってからは大きな影響が出るのです。
勘違いして、若いから吸っていいと言うことではありません。