食事と高血圧の関係を説明します。
高血圧の予防には塩分を控えめにすることは、言われるまでもなくよくわかっているはずです。
それでも醤油をたっぷりつけて食べなければ済まない人が多いのです。
高血圧になりそうな食事をしている人は自分でもわかっているはずです。
こんなものばかり食べていたら、病気になるだろうと思うのです。
毎年の健康診断でも指摘されているはずです。
生活習慣病を予防するためには、良い生活習慣を送ることです。
あなたが太っているなら、まずは減量しましょう。
適度な体重は高血圧予防の第一歩です。
急激な減量は体に負担となりますから、徐々に減らしていきましょう。
計画を立てて、少しずつ進めましょう。
生活習慣病と名前が付いているように、習慣を変えることが大切なのです。
短期間で改善することは習慣となりません。
高血圧の予防は塩分を控えること、減量すること、運動をすることでしょう。
どれも関連しています。
そのことがわからないはずはありません。
高血圧になると血管にストレスがかかり、いずれ破れてしまいます。
それが脳卒中や狭心症なのです。
病気になってからでは遅いでしょう。
いつまでも健康で長生きをしたいともうなら、食事の内容を変えてください。
毎日を厳密にチェックすることは無理があります。
週に何回かだけ塩分を控えめにしてみませんか。
その回数をだんだんと増やしていくのです。
いきなり、ハイレベルを目指すために、すぐに挫折してしまうのです。