生活習慣病とも呼ばれている高血圧ですが、その原因はいくつかあります。
生活習慣を改善することによって、高血圧の予防ができるのです。
つまり原因を取り除くことが予防になります。
原因としては遺伝因子と環境因子があります。
遺伝については、自分でどうすることもできません。
したがって、環境因子を減らすことを考えましょう。
まずは食事の内容のチェックです。
塩分を控えめにすること、カリウムを取ること、禁煙、飲酒などです。
どれも今日からでもできることです。
ただ、簡単にできないから問題なのです。
国内では多くの施設が禁煙となっていますが、喫煙をする人の数は減っていません。
飲酒についても、適度な飲酒で止められない人が多いのです。
20歳になってからすぐにお酒を飲み始めるのです。
塩分の取り過ぎも問題です。
塩辛いものを避けることも、濃い味が好きな人には我慢できないのでしょう。
生活習慣を変える強い意志を持つことが大切です。
そのために何ができるでしょうか。
人から言われてやるのではなく、自分で計画を立てて、それを守るようにしましょう。
喫煙が止められなければ、量を減らしましょう。
病院でも禁煙外来が注目されるようになりました。
誰でも努力して高血圧を予防しようと考えるのでしょう。
そして、一番の予防は運動です。
もちろん、無理をする必要はありません。
適度な運動で構いません。
少しずつ体を動かすことを楽しむのです。
高齢になると体が動かなくなりますが、若い人でも高血圧になります。