こんにちは。
ここでは、「高血圧にかかせない、血管を丈夫にすること。
」についてお話しさせていただきます。
高血圧は、動脈硬化などにもつながりやすくなってしまうものであるので、「血管を丈夫」にして、血液の流れを常に良くしていくことが大事になってきます。
そのためにも摂らなくてはならないものは、「良質なたんぱく質」です。
高血圧の方の中には「たんぱく質を避ける」という方も少なくはないそうですが、たんぱく質も摂らないでいると「低コレステロール症」というものにもなりかねないですから、忘れず摂取を心がけることをオススメいたします。
また、ことわざの中には、「1日1個の玉ねぎは医者を遠ざける。
」ということわざもあり、玉ねぎには「血液をサラサラにする成分」が含まれています。
なので、玉ねぎは積極的にサラダやスープなどに入れて摂取していただくことをオススメいたします。
また、日本人の私たちではほとんどの方が大好きな「そば」にも血管に良い影響を与えてくれる成分が入っております。
それは、「ルチン」という物質でルチンは「血管の弾力性を強くする。
」という働きをもっているため、ぜひ「そばアレルギーでない方」には多く食べていただきたい食品であります。
最後に「カルシウム」についてですが、カルシウムは牛乳などに多く含まれており昔から「骨を強くする飲み物」として深く知られていましたが、実は「血圧を良質にコントロールする」という働きを持っていることも最近では知られています。