こんにちは。
ここでは、「カリウムと高血圧の意外な関係性」について少しお話をさせていただきたいと思います。
「カリウム」と聞くと、中学生のころくらいに多くのみなさんは理科の授業などで聞いたことがある方も多いと思います。
しかし、実際カリウムとは何か?と問われると「分からない。
」と答える方が多いのが現状です。
食べ物の栄養成分でいうと、「カルシウム」や「ビタミン」が主な人気な成分なため「カリウムは体に良いのだろうけれど、どれくらい摂取したらよいのか分からない・・・。
」という意見になってしまうことも少なくありません。
今回のテーマである「高血圧」ですが、実はカリウムはこの高血圧に良い意味で大きな影響をもたらすものであります。
例えば、昔から山形県や福島県など、「東北地方では、脳卒中や高血圧で亡くなる方が多い。
」とされてきました。
しかしその同じ東北地方の中でも、「ある名産品」のおかげで脳卒中や高血圧で亡くなる方が少ないという地域もあったそうです。
それは、多くの方が大好きな果物でもある「りんご」でした。
りんごを多く摂取することの多い地方では「カリウム」を多く摂取することができるりんごを食べて高血圧や脳卒中の予防や改善をしていたそうです。
なので、「カリウム」には高血圧や脳卒中を助けてくれる働きをたくさん含まれておりますので「たくさんのりんごを食べること。
」はとってもオススメなことです。
りんごが苦手な方はアップルパイなど、少しアレンジして高血圧予防をしてみてください。