こんにちは。
ここでは、多くの方がお悩みになられている「高血圧」を元に、「高血圧でも美味しく食べられる食事」について考えさせていただきたいと思います。
まず、病院の人間ドックや健康診断等でお医者さんに「あなたは高血圧です。
」と言われたとしても、そこから気をつけていくのは多くの方が初めてだと思うので、「お肉はダメそう・・・。
」などの「なんとなく」といったイメージのものでこれからの食事に対して不安になってしまうせいか、「もう普通に食事を楽しむことはできないのかな・・・?」など思い悩んでしまう方が結構いらっしゃるっかと思います。
実は私の家族の中にも、高血圧とお医者さんに診断を受けた者がおり、それまで他人事だった「高血圧」がいざ自分の身近にふりかかると、「怖いなあ。
」とそこではじめて気づかされました。
料理を主に作る私自身もそれからは、「お肉はあまり食べさせられないかな・・・。
」など何も分からないからこそ悩んでしまい、「納豆」や「豆腐」など、「健康に良い。
」とされる、無難な食材ばかりを選ぶようになってしまいました。
しかしそのような食生活ばかりを繰り返していても、本人も他の家族も満足はあまりできませんし、例えお肉であっても「食べ方を気をつければ健康な体をつくる良い食材」となるのだということを知りました。
高血圧のためには決して「どんな食材でも良い。
」とは言えないと思いますが、「これはもう二度と食べてはいけない。
」とは考えなくても良いのだと思いました。
お肉を食べるにしても、脂身の少ない例えば「鶏ささみ」で調理をするなど、「素材」に気を使えば美味しく「予防・改善」に努めることは十分に出来ると思いますので、今現在高血圧でお悩みの方も無理をなさらず工夫して頑張っていただきたいと思います。